スマホ盗み見で浮気発覚

21

携帯電話は情報の宝庫

携帯電話には様々な情報が詰まってます。
特にスマートフォンの普及で情報量は格段に多くなっています。
配偶者のスマホを見れば、誰と連絡をとっているのかや今後の予定などが簡単にわかってしまうこともあります。
また、相手の身元であったり、写真も保存されていて、それだけで浮気の証拠になる可能性もあります。
しかし、スマホを使う人の多くは携帯電話にロックをかけていますので、昔ほど簡単には見れなくなっています。

スマホのロックを勝手に解除するのは違法か?

配偶者のスマホのロックを勝手に解除したとしても基本的に罪にはなりません。
電子メールは信書に含まれないので、信書開封罪といった罪にはならないのです。
不正アクセス禁止法もありますが、IDやパスワードを何らかの方法で入手し、不正にアクセスしたといった状況でない限り違反とはならないでしょう。
見れる状況であれば、スマホなどは見てしまう方が良いです。
浮気を疑っている状況であれば、何らかの形跡が残っているはずです。
携帯電話の盗み見は倫理的な問題はあっても法的な問題はないと判断されるようです。

スマホを見れない時は

スマホを見れば、浮気をしているかどうか、すぐにわかるのに・・・という状況でもロック解除の番号がわからないのであれば諦めるのが無難です。
無理に見ようとして、相手に悟られてしまえば、それ以降の証拠収集が困難になります。
浮気の証拠という切り札がないままに、離婚の話が進んでしまう可能性もあるわけです。
スマホの盗み見は見れたらラッキー程度に考えておいた方が良いのです。