別居夫婦の浮気

16

別居は婚姻破綻なのか?

民法で夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならないと定められています。
ですので、夫婦は基本的に同居しなければならないのです。
では、別居している場合はすでに夫婦ではないと判断されるのかといえば、答えはNOです。
仲のいい夫婦であっても単身赴任は同居の義務を果たしていないことになります。
だからといって全ての単身赴任家庭が婚姻破綻していると言えるでしょうか。
また、夫婦仲が悪くなってきた家庭は別居という手段を選ぶことは多いでしょう。
そのような場合でも数年の別居期間を経てようやく婚姻関係が破綻していると認めらます。
離婚の話し合いが始まっていても婚姻破綻は認められないことが多く、別居後にすぐに浮気相手を家に連れ込むようなことがあれば、それは不貞行為と見られますので妻、夫が家を出ていった場合は早急に事実関係を確認するのが良いでしょう。

別居は浮気相手と会うため?

夫婦が別居をするというのは、すでに夫婦関係が末期を迎えているといっても過言ではありません。
配偶者と一緒の空間で過ごしたくないという思いもあるでしょうが、別居の理由で多いのは、浮気相手と会う時間をつくるためです。
別居することにより、自由な時間も得られますし、浮気相手と過ごすには別居するのが一番です。
また、別居を始めたことにより、離婚したも同然と思う方も多いようです。
別居後に浮気相手と会っていても証拠にならないと思うのは危険です。

別居中の浮気調査

別居後でも婚姻関係は続いています。
簡単に婚姻破綻は認められませんので、住まいを別にしていても、子供の世話であったり、生活費を共有していたりと他の夫婦のぎむを果たしていたりすれば婚姻関係は継続していると判断されます。
ですので、別居期間中に浮気相手との肉体関係が推測される証拠を得られれば不貞行為を立証できます。
別居先を知らせてくれない場合はまずは別居先を調べる調査からとなりますが、別居後にも浮気調査は可能ですので、別居しちゃったからもうおしまいだと思わずに一度相談してください。